070-5085-3123

ブログ

2018/06/12(火)

【本当の腰痛の原因とは?】伊勢崎 整体 腰痛 ヘルニア 坐骨神経痛

カテゴリー:原因

 

ブログにお越しいただきありがとうございます。

 

伊勢崎市の腰痛専門整体院

 

院長の吉川です。

 

今日も、腰痛、坐骨神経痛、ヘルニア、脊柱管狭窄症

 

などでお悩みのあなたに、その原因の改善の方法やヒントを

 

お届けしていこうと思います。

 

今日は、「腰痛の原因」のお話をしていこうと思います。

 

【腰痛の原因について】

 

腰痛の患者さんに、

 

「どうして腰痛になったと思いますか?」

 

と聞くと、

 

だいたい

 

「姿勢が悪くて、体が硬いから」

 

と答えます。

 

そして、大体の方が、姿勢を良くしたり、体を柔らかくするために、頑張ってストレッチや運動をしなければならないと思っています。

 

確かに、姿勢が悪くて、体が硬いのが腰痛の原因に間違いありません。

 

しかし、

 

「そもそも、なぜ姿勢が悪くなるのか」

 

これを考えて、対処しなければ根本的な解決にはなりません。

 

【腰痛発生のメカニズム】

 

では、姿勢が悪くなる原因を掘り下げてみましょう。

 

①姿勢が悪くなるのは、筋肉が硬くなって、背骨が曲がるから。

 

②筋肉が硬くなるのは、血流が悪くなるから。

 

③血流が悪くなるのは、内臓の働きが悪くなるから。

 

以上。

 

単純に聞こえるかもしれませんが、これって超重要だと思いませんか?

 

なので、

 

内臓の状態を考えずに、腰痛を改善することは難しいと私は考えています。

 

例えば、腎臓が疲労すると、重くなって下に下がります。

 

そうすると、それを支える筋肉が硬くなり、姿勢を歪ませます。

 

また、腎臓が正常な位置にないと、腎臓の機能を十分に発揮できません。

 

腎臓は血液のろ過をしているので、これが上手くいかないと、血液の状態は悪くなり、

 

筋肉も疲労して、柔軟性を失っていきます。

 

このように、内臓と筋肉が関係していると考えると、

 

根本的に姿勢を良くするには、内臓の位置を正常化して、

 

内臓の働きを高めることが必要だという発想になります。

 

【腰痛の改善方法】

 

腰痛の原因は内臓にあるといっても、

 

どうやって内臓の働きを高めるのか?

 

やり方は簡単です。

 

実際にこの方法で多くの患者さんが腰痛から解放されています。

 

①飲み物を水に変える。

②食べ過ぎに注意する。

③内蔵のセルフケアをする。

 

たったこれだけです。

 

腰痛でお悩みでしたら、是非やってみてください。

 

【内臓のセルフケア】

内臓のセルフケアの方法は超簡単です。

なぜなら、内臓に手を当てて深呼吸するだけだからです。

それだけで、内臓の位置が正常化でき、脳と内臓の連絡が上手くいくようになります。

 

今回は、

腰痛の改善にもっとも効果的な腎臓のセルフケアをご紹介します。

臍の横に手を当てて、大きく深呼吸5回。

たったこれだけです。

 

もっと詳しく知りたい方は、動画でも確認できます。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

↓ホームページはこちら↓

伊勢崎整体院

 

長年の慢性腰痛

坐骨神経痛

ヘルニア

ぎっくり腰

脊柱管狭窄症

すべり症

産後の腰痛 などでお悩みの方・・・

 

諦めないでください!!

 

 

 

11月6日(水)まで
先着6名様限定割引 → 残り3名様

ご予約は今すぐお電話で

070-5085-3123

【受付時間】9時〜21時(不定休)

 

メールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。

 

※営業時間は9時〜21時までですがメールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。営業時間外にホームページをご覧の方は、ぜひメールフォームからのお問い合わせをお願いいたします。
※メールフォームはお名前・お電話番号・メールアドレスを入力するだけの簡単なものですのでお気軽にご利用していただけます。当院は完全予約制の為、事前にご予約をお願いしています。