070-5085-3123

ブログ

2018/07/13(金)

【ストレス性のコリにご用心】伊勢崎 整体 腰痛 ヘルニア

カテゴリー:原因

 

ブログにお越しいただきありがとうございます。

 

伊勢崎市の腰痛専門整体院

 

院長の吉川です。

 

今日も、腰痛、坐骨神経痛、ヘルニア、脊柱管狭窄症

 

などでお悩みのあなたに、その原因の改善の方法やヒントを

 

お届けしていこうと思います。

 

今日は、「コリの種類」についてお話をしていこうと思います。

 

コリは大きく分けて、運動性のコリと内臓性のコリがあります。

 

運動性のコリというのは、運動することによって、筋肉に乳酸という疲労物質がたまり、新陳代謝のバランスが崩れることによって、筋肉の血行が悪くなって起こります。

 

良くスポーツ選手が、競技が終わった後でマッサージを受けていますね。

 

これは強度な運動をした結果、乳酸がたまった筋肉の血行を良くしてあげているのです。

 

疲れ切った筋肉を放っておくと、故障につながったりするからです。

 

何かと忙しい現代人は、どちらかというと運動不足気味ですから、こういった運動性コリはあまり起きにくいものです。

 

逆に肩こりなどは、運動すれば解消される可能性が非常に高いとも言えます。

 

一方、内臓性のコリは現代人に一番多くみられるもので、ストレス性と言い換えることもできます。

 

ストレスが内臓に影響することは、神経性胃炎や胃潰瘍などでもはっきりしています。

 

そう言った病気まで行かなくても、ストレスがかかることで内臓に異常が発生し、その結果、働きが低下すると、体全体のホルモンバランスが崩れたり、栄養吸収障害を起こしたりして、体調を崩す原因にもなります。

 

そう言った「内臓があぶない」というサインが、内臓性のコリなのです。

 

今の世の中は職場でも、家庭でも、ストレスがありふれていると言ってもいいくらいですから、ストレス性のコリに悩んでいる人が圧倒的に多いのです。

 

いかがだったでしょうか?

 

中々よくならない肩こり腰痛は、内臓性のコリが原因かもしれません。

 

もし、内臓性のコリを取り除きたいのであれば、

 

ストレスの原因は何かを考え、ストレスを排除することが根本的な解決になります。

 

とはいっても、急にストレスを完全に排除することは難しいと思いますので。

 

まずは、内臓に受けたストレスを癒すことが、慢性痛を改善に導きます。

 

内臓に受けたストレスを癒すために、自分ひとりでできる方法として、

 

動画でご紹介した「深呼吸」があります。

 

とても効果的ので、やってみてください。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

↓ホームページはこちら↓

伊勢崎整体院

 

長年の慢性腰痛

坐骨神経痛

ヘルニア

ぎっくり腰

脊柱管狭窄症

すべり症

産後の腰痛 などでお悩みの方・・・

 

諦めないでください!!

 

 

 

11月6日(水)まで
先着6名様限定割引 → 残り3名様

ご予約は今すぐお電話で

070-5085-3123

【受付時間】9時〜21時(不定休)

 

メールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。

 

※営業時間は9時〜21時までですがメールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。営業時間外にホームページをご覧の方は、ぜひメールフォームからのお問い合わせをお願いいたします。
※メールフォームはお名前・お電話番号・メールアドレスを入力するだけの簡単なものですのでお気軽にご利用していただけます。当院は完全予約制の為、事前にご予約をお願いしています。