070-5085-3123

ブログ

2018/07/19(木)

【腰の筋肉をマッサージしすぎていませんか?】伊勢崎 整体 腰痛 ヘルニア

カテゴリー:セルフケア, 原因, 腰痛

 

ブログにお越しいただきありがとうございます。

 

伊勢崎市の腰痛専門整体院

 

院長の吉川です。

 

今日も、腰痛、坐骨神経痛、ヘルニア、脊柱管狭窄症

 

などでお悩みのあなたに、その原因の改善の方法やヒントを

 

お届けしていこうと思います。

 

今日は、「腰を伸ばすときの痛み」についてお話をしていこうと思います。

 

慢性腰痛のお客さんの悩みで多いのは、

 

「腰が痛くて腰が伸ばせない」

 

という悩みです。

 

なぜ、伸ばせなくなるかというと、

 

多くの場合、

 

腰が伸びる運動に伴って、

 

伸びるべき筋肉が伸びず、縮むべき筋肉が縮まなくなったからです。

 

代表的な筋肉は以下の筋肉になります。

 

①腰を曲げるときに働く筋肉

腹直筋、外腹斜筋、内腹斜筋

 

②腰を伸ばすときに働く筋肉

脊柱起立筋、腰方形筋、多裂筋

 

このような仕組みがあるので、

 

腰を伸ばすには、当然、

 

腰を曲げる筋肉(腹直筋、外腹斜筋、多裂筋)が緩み、

 

腰を伸ばす筋肉(脊柱起立筋、腰方形筋、多裂筋)が収縮する必要があります。

 

しかし、

 

腰を伸ばすときに特に重要なのが、お腹側の筋肉になります。

 

お腹側の筋肉はただ緩むのではなく、筋肉の収縮を保ちながら筋肉がストレッチされていく(遠心性収縮)がしっかり出来ないと、上手く腰を伸ばすことが出来ずに痛みを伴ってしまいます。

 

では、お腹側の筋肉の状態を良くするにはどうすればいいのか?

 

腰痛患者の多くは、お腹がパンパンに張っています。

 

筋肉を押しても強い抵抗があり、筋肉は緩んでいきません。

 

このような場合、

 

お腹の張りの原因は、内臓下垂(内臓が下に下がっている状態)にあることが多いです。

内臓が腰痛と関係があるなんて信じられないかもしれませんが、

 

想像してみてくだい。

 

お腹いっぱいに食べた時、姿勢を良くしようとすると、

 

お腹が苦しくて伸ばせないものは勿論、重たいお腹を持ち上げるために、腰の筋肉は空腹時よりも、パンパンに張ってくるとは思いませんか?

 

内臓がうっ血して浮腫み、下垂しているということは常にお腹が張り、腰の筋肉がパンパンになっています。

 

腰の筋肉のストレッチしたり、マッサージをしているけど一向に改善されないという方は、内臓下垂からくるお腹の張りを疑ってみて下さい。

 

そして、

 

お腹の張りを改善するには、「深呼吸」が一番効率的です!

 

みぞおちのところに手を当てて、横隔膜を矯正するイメージ深呼吸を5~6回行うようにします。

 

内臓下垂で一緒に引き下げられた横隔膜を矯正することで、下垂した内臓が元に戻り、お腹の筋肉が緩みます。

 

そうすると、腰を伸ばすときに、お腹の筋肉は上手く働くことができるようになるので、背筋の余分な緊張が起きず、痛みなく腰が伸ばせるようになるでしょう。

 

また、内臓の機能も促進されるので、血流がよくなり、筋肉の状態も良い状態で維持できるようになります。

いかがだったでしょうか?

 

腰の痛みが、お腹側を緩めると楽になったり、予防できたりします。

 

もしあなたが、慢性腰痛でお悩みなら、

 

お腹の筋肉を緩めるために、内臓から根こそぎ改善できる

 

「深呼吸」

 

を試してみ下さい。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

↓ホームページはこちら↓

伊勢崎整体院

 

長年の慢性腰痛

坐骨神経痛

ヘルニア

ぎっくり腰

脊柱管狭窄症

すべり症

産後の腰痛 などでお悩みの方・・・

 

諦めないでください!!

 

 

 

11月6日(水)まで
先着6名様限定割引 → 残り3名様

ご予約は今すぐお電話で

070-5085-3123

【受付時間】9時〜21時(不定休)

 

メールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。

 

※営業時間は9時〜21時までですがメールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。営業時間外にホームページをご覧の方は、ぜひメールフォームからのお問い合わせをお願いいたします。
※メールフォームはお名前・お電話番号・メールアドレスを入力するだけの簡単なものですのでお気軽にご利用していただけます。当院は完全予約制の為、事前にご予約をお願いしています。